Coordinate lひとりひとりに、ぴったりのランジェリーをコーディネートします

リクエスト・ご相談
見た目と同じくらい、素材や着け心地にこだわりたい。レースがチクチクするのはイヤ、パットがガッツリしているのはイヤ。軽やかで締め付け感のないものが好みです。ショーツはボクサータイプは苦手。はきこみ丈(サイドの幅)の浅いものがいい。ブラ・ショーツともにデザインも素材も華奢なものがほしいです。インポートものはなかなか自分で掘り出し物を見つけられないから、浅井さんのセレクトに期待しています。
ご提案


Kさんを初めてカウンセリングしたとき「グラマーなのにパット入りを着けていらしたのがもったいない」と思いました。パットなしでもバストをきれいにセンターに集め、着けていてラクな薄い素材のブラを探しました。Kさんは服の好みがはっきりしているので、普段着ている服と肌をつなぐのブラの色として相性のよさそうな色をピックアップしました。柄は、Kさんらしい快活さを意識しました。

ご購入
ご感想
今回はインポートのノンパテットブラを2種購入しました。ひとつは初めて聞くインポートブランドの上下セット、もうひとつは憧れの高級ブランドのブラです。じっくり試着をして、デザインが好みで自分の体なじんだ物を選びました。単品で購入したブラは、手持ちのシンプルな黒いタンガに合わせて着けています。 浅井さんのパーソナルコーディネートを利用するまでは、国産のそれなりにいいものを着けていたのでとくに不満や悩みはありませんでした。でも知人に教えてもらって一度浅井さんにお願いしたら、自分では気づけなかった好みやこだわりがどんどん出てきたんです。いまでは浅井さんにリクエストする条件がたくさん。それでも毎回、お気に入りが見つけられます。わたしの知らない海外ブランドのものを入れてくれるので、浅井さんからのコーディネートバッグを開けるのがとても楽しみです。

リクエスト・ご相談
北欧で“新しい真っ赤な下着を着けて新年を迎えると、健康でいい一年を過ごせる”という言い伝えがあると聞いて、なんか素敵だな~と思ってました。急に実行したいと思い立ったので、真っ赤なブラ&ショーツをいくつか選んで下さい。
ご提案
真っ赤といってもいろいろな赤があります。どんな赤がお似合いかな……と想像したら、ボルドーやルビー、ブラッド(血)など朱色っぽい赤のグラデーションがパーっと思い浮かびました。色白のM様に合うのは、ヨーロッパ貴族のようなくすみの入った(マット感のある)赤です。 チェスニービューティやツェルマットの赤にはそんな気品があるのでおすすめしました。どちらもレースの選び方、シフォン素材のリボンの大きさなどディティールが凝っていて、合わせても上下バランスがよいのです。
ご購入


ご感想
真っ赤なインポートブランドのブラジャーと国産ショーツを購入。ブランドは違いますが、色もレースも似ているので、より履き心地のよい方のショーツを選びました。このブラジャーの形が気に入ったので、その後、同ブランドの別の型を上下セットで購入。 浅井さんを友人から紹介してもらうまでは、それほどブラやショーツのサイズに対する認識が高くありませんでした。一度測ったサイズで数年が経過しているような状況。でも、浅井さんのお話を聞いて、自分のからだに合ったランジェリーを見につけることがとても大事なことに思えるようになりました。加齢に負けず、少しでも体が美しく見える下着選びをしていくための強い味方を得た気分です。 私は色にこだわりがあって、ビビッドなカラーが好みです。また、あまりラブリーなものは好きではないのですが、目立たないところに小さなリボンがついていたり… 大人かわいい好みを満たしてくれるセレクトをしてくれるところがすごいです。このへんの好みについては一度もお話していないのですが、私が購入した商品から推測されているんだろなーと感心しています。 また、リクエストしていないサプライズ商品が混じっていたりして……、意外とそんな商品で「あっ!こんな感じもOKだわー」という発見があり、毎回楽しみです。

リクエスト・ご相談
上下お揃いがマストなので「ブラ1パン2」でお願いします。ブラは着け心地が軽く、肩が凝らないもの。色味は、ビビッドカラーが好みです。ショーツは、ゆったりとはけ、おしゃれなものがいいな。薄手のパンツをはいてもひびかない、優秀ショーツに期待します!
ご提案
アンダーバストがとても細いSさん。プティなボリュームを厚いパッドで無理に出すとかえって全身のバランスが整わないな……と判断しました。 ショッキングピンク、マンダリンオレンジ単色使いのリバーレースをご提案。ショーツはブラとペアのオールレースのフルバックのものと、同色無地のプレーンなナイロントリコットのものを。 オールレースは値段が張るかもしれませんが、おしりと太ももの裏の境目に段差ができず、ベストの型なんです。
ご購入
20代後半から下着に目覚め、高級インポートブランドもさんざん試してきた私。しかし30代に突入してからは「国産でリーズナブルなものでも十分!」と、下着熱が下がってきていたんです。そんなときに浅井さんとの出会いがありました。さまざまな下着をご紹介いただくたびに、自分のスタイルの変化(着けた後に胸がいい形に!)や着け心地の違い(しめつけ感のなさや肌触り)に大感動。これからも浅井さんに導いていただきながら、「下着道」を邁進したいと思います。